ネットについて知りたいならパソコン教室に

情報を得るための媒体は、時代と共に変化していきます。

大昔の頃はまさしく口コミだけが情報源でした。

江戸時代の頃は瓦版と、今の新聞に近い様式が確立しました。

その後、新聞やテレビやラジオ等が発達していき、戦後民主主義の礎となりました。



ただ、最近ではそれらの媒体もオールドメディアと称されるようになり、事実として大勢の若者はインターネットをメインの情報収集の媒体としています。

朝日新聞デジタルの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

既存の媒体もまた現代には必要な媒体ですが、ユーザーが主体的に今、自分の知りたいテーマについてアクセス出来るネットの方が、現代人のライフスタイルには合っています。


またテレビや新聞等では、大きな事件が起きた時、その問題ばかりが横並びで一斉に報道される問題点も指摘されており、政治や刑事事件よりも、自分の本業に関係がある海外ニュースや経済の情報を得たいと感じる方には不向きなメディアとなりました。
今では中高年層の方々もネットを通して情報を主体的に閲覧する時代です。


若者には負けたくないという気持ちからパソコン教室に通い、独学を進める方々も増えてきました。
パソコンが使えるようになれば、既存の媒体に左右される事なく、自分の意思で欲しい情報源にアクセス出来るようになります。

年配の方々や主婦の方でも気軽に通えるパソコン教室が各町に用意されています。



英会話スクールやそろばん教室に近い雰囲気で、誰でも市民なら気軽にパソコンを習いに行けますので、話題のインターネット文化に触れたい、あるいはテレビや新聞では見る事が出来ないニュースに触れたいと感じる方は地元の教室に通い、ネットについて教えてもらいましょう。